予防歯科

将来のために歯を残してゆきたいずっとずっと食べ物をおいしく食べられる歯。

マサシ歯科の予防歯科

患者様の想いに応える取り組みが、マサシ歯科医院の「予防歯科」です。歯は悪くなってからでは治療する事しかできません。歯を削る治療をやむなく繰り返すことになってしまえば、次第に歯を削ってゆきますから歯を失ってしまうことになります。

そうならないために、日頃から虫歯や歯周病にならないように予防歯科を受けていただく事をお勧めします。

歯周病の予防

現在、歯を失う最大の原因は「歯周病」です。
歯周病は感染症であり、歯周病菌が口腔内に留まってしまう事が原因です。歯周病は治療だけではなく予防が非常に大事ですから、原因菌を除去し再度口腔内に菌が蔓延しないように口腔内の清掃を行うことが重要です。

また清掃性の高い環境を作ってゆく事が必要となります。また、歯周病の増悪因子といわれるストレス・歯列不正・喫煙などを取り除いていく必要がある場合もあります。さらには、薬剤による除菌(3DS法)を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。

近年の歯周病に対する考え方

歯周病に全身疾患との関連があるという事が近年の研究で明らかになってきました。
特に糖尿病と高血圧については、お互いにそのリスクや病状を悪化させる増悪因子として影響しあっている事が指摘されています。また、動脈硬化や早産や骨粗鬆症へのリスク因子である事も分かってきました。ですから、全身の健康管理の観点からも歯周病の予防の重要性が高まってきているのです。

虫歯予防

通常の疾患と異なり「虫歯」は自然治癒する事はありません。
現在の虫歯の治療は失われてしまった歯質を修復しているのです、つまり埋めたり被せたりしている訳です。近年、素晴らしい材料が次々と開発され非常に審美性の高い治療が実現できるようになりました。しかしこれらは残念ながら修復であり回復ではありません。
虫歯になってしまったら出来るだけ早期に確実な虫歯を受ける事が非常に重要です。

また、虫歯に罹患して軟かくなってしまったり溶けてしまった歯は元にもどせませんので、虫歯にならない口腔内環境を作る事が重要です。虫歯菌の除去は薬剤による除菌を行うことが有効なケースもありますのでご相談下さい。

基本的な予防チェックリスト

  • 冷たいものが歯にしみる
  • 温かいものが歯にしみる
  • 甘いもの、酸っぱいものが歯にしみる
  • 歯のいずれかに、茶色の部分、もしくは白く濁った部分がある
  • 歯に黒ずみができている
  • ときおり歯に痛みが走る
  • 歯の隙間によく食べ物がたまっている
  • 舌で歯をなぞると、ひっかかる所がある
  • 歯に穴が空いている
  • 歯がズキズキと痛む

このページの先頭へ

マサシ歯科

マサシ歯科医院

〒125-0051 東京都葛飾区新宿5-21-15 3台まで駐車可能なスペースがございます。
[ TEL ] 03-5699-1182  [ 診療時間 ] 9:30~13:00、14:30~19:00/月曜日~土曜日  [ 休診日 ] 日曜日、祝祭日