入れ歯・義歯

入れ歯(義歯)を検討している方はこちらをご覧いただき安心してご相談にいらしてください。

保険と自費の違い

義歯(入れ歯)を作製する際には、日本の医療制度のもとでは「保険で作りますか? 自費で質の高いものを作りますか?」と私たちは患者様に聞かざるを得ません。

保険でつくる義歯。
保険の義歯 ある程度は咬める。精密度、快適性、審美製、耐久性には限界あります。
これは保険で認められている義歯の作製方法や使用材料がごく限られたものであり、出来上がった義歯の品質も最良とは言いがたいからなのです。

「保険の義歯と自費の義歯の違いは何ですか?」とよく患者様に聞かれます。皆さんは材料の違いが一番か、と思われるかもしれませんが、実は、それは全体の要素の2割程度ではないか、と考えています。残りの8割ははっきりと言えば「かける手間と、それに見合った細かい形の仕上げの違い」と言ってほぼ間違いないと思います。

お洋服などと同じように、既製品とオーダーメイドの違いで、履き心地などが違うという表現が一番わかりやすいかと思います。

入れ歯とインプラントの違いについて

インプラントについて

  • 必ず外科手術を必要とする。また症例によっては不可能なこともある。
    (全身疾患を有する方は細心の注意が必要)
  • 1本当たりの費用が入れ歯より高価である。
  • 正しくクリーニングし続けなければ、インプラント周囲炎などを発症し動揺、さらに撤去を余儀なくされる可能性もある。(将来、寝たきりなど介護が必要な状況下では特にリスクが高まる)

入れ歯について

  • 適応症を選ばない。
  • インプラントより安価である。
  • 着脱という行為は直接ご自身の手にとってクリーニングを可能とし、これはメリットと考え、清掃は容易である。

以上のことから特に入れ歯は高齢者には優しい治療といえるでしょう。
なによりも正しい噛み合わせ関係を与えることにより入れ歯は決してインプラントに見劣りすることのない治療方法と思います。

入れ歯治療

針金の見えない入れ歯(ノンスクラプデンチャー)

弾力性を持ったピンクの樹脂でできた入れ歯です。樹脂が歯をかかえこむので、ひっかけるための針金をなくす事ができます。

※樹脂は性質上経年的にゆるんできます。
針金の様にきつく締めなおす事はできないので、その場合再製作または修理が必要になります。

磁石式入れ歯(磁性アタッチメント)

磁石の力でぴったりフィットする入れ歯です。

金属を使った入れ歯(金属床義歯)

保険内の入れ歯はプラスチック製ですが、自由診療の場合、強度的に厚みの必要なプラスチックを 一部金属におきかえる事によって厚みを薄くし、装着感をよくする事が出来ます。
食べ物の温度が伝わりやすくなり、食感を良くすることができます。

このページの先頭へ

マサシ歯科

マサシ歯科医院

〒125-0051 東京都葛飾区新宿5-21-15 3台まで駐車可能なスペースがございます。
[ TEL ] 03-5699-1182  [ 診療時間 ] 9:30~13:00、14:30~19:00/月曜日~土曜日  [ 休診日 ] 日曜日、祝祭日